スポンサードリンク

2.サイトの設定とキーワード


GRCで管理するサイトを追加、設定する必要がありますが、すでにサイトを運営している場合でも、新規に作成する場合も、はじめは同じです。

基本的な流れは、GRCにサイトを追加し、SWCでもサイト追加し、SWCで発行されるアクセス解析タグをサイトに張るという作業となります。

■GRCにサイトを追加する
下図のように「編集」→「項目新規追加」をクリックします。
grcs21

そして、下図①「サイト名」、下図②「サイトURL」を入力します。
また、下図③「検索語」にアクセスアップをしたいキーワードを入力します。あらかじめアクセスを集めようとしている複合キーワードがあれば、こちらに記入します。たとえば、ブログで30記事投稿をする場合、30個の需給バランスのとれたキーワードなどをあらかじめ決めていると思います。そのキーワードを入力します。
GRCで下図③のように、複数の検索語を入力できない場合、下図④「単一入力」のボタンをクリックし、「単一入力」と「複数入力」を切り替えできます。そして、下図⑤「OK」をクリックします。
grcs22

ここで、あらかじめアクセスアップをしようとしているキーワードを入力することにより、あなたがアクセスアップができると予測していたキーワードの、実際に検索エンジンで上位表示されてくる過程がGRCで記録されますので、アクセスがサイトにくる実感というものが掴めると思います。

すでに運用しているブログの場合でも、アクセスアップができると予測していたキーワードがあれば、入力しておきましょう。

また、過去のアクセス解析データで、現在アクセスされているキーワードなども入力してもよいです。ただ、その場合、SWCを導入すれば、アクセスされるキーワードなども後から管理できますので、後から設定してもよいと思います。作業的には、SWCを導入し、データが蓄積されたらGRCにインポート作業を行いますので、SWCを導入してからの方が、楽ですし、効率もよいと思います。

■SWCでサイト情報を追加し、登録サイトに解析タグを張る
SWCにログインします。 → http://a.swcs.jp/user/addsite/
そして、下図「解析対象サイトの追加」をクリックします。
grcs23

そして、下図のような画面が表示されますので、URLとサイト名を入力し、「確認画面へ」をクリックします。
grcs24

そして、下図「サイトを登録する」をクリックします。
grcs25

下図「アクセス解析タグ」を登録したサイトの「」の上に貼ります。
grcs26

これで、サイトの設定とキーワードの設定も終了となります。

また、GRCでのサイトの設定については、インポート機能によりCSV形式でまとめたサイト情報を一括して登録することも可能です。下図のように「ファイル」の「CSVファイルのインポート」をクリックします。
grcs27

下図①「参照」をクリックして、サイト情報を登録したCSVデータを選択します。CSVデータの形式は、下図②にあるようにサイト名、URL、検索語の順になります。また、場合によって「グループ」を設定していると分かり易いです。

設定が完了したら、下図③「インポート実行」をクリックすれば、複数サイトの設定が簡単にできます。
grcs28


No tags for this post.
カテゴリー: GRC活用したアクセス分析法 パーマリンク

コメントは停止中です。

スポンサードリンク